決算期の変更 【税理士 名古屋】

例えば3月決算の会社で、3月にかなりの利益が出そうだというケースでは、決算期を2月に変更してしまうことも可能です。
そうすれば、3月は翌事業年度にずれ込みますので、そこで利益が出ても1年かけて余裕を持って節税対策を行うことができます。