低価格の理由【税理士 名古屋】



料金を低くすると、通常はサービスの質も低くなってしまいます。

例えば、担当者がほとんど何もしらない新入社員だったり、パートやアルバイトが担当者ということもあります。
それでは相談に乗ってもらうこともできませんし、またいろいろなアドバイスも期待できません。

いくら税理士が優秀でも普段の対応は担当者が行うため、税理士事務所のサービスの質は担当者の質によって大きく変わってきます。

当事務所では税理士が担当者としてお客様への訪問や打合せなどの対応を行っているため、質の高いサービスの提供が可能となっています。

 

税理士事務所にやってほしいことや期待することは、お客様によってそれぞれ異なると思いますが、税理士事務所が一方的に決めたサービスを押し付けられているケースが目立ちます。

そのサービスの中には、お客様によっては必要のないサービスや過剰なサービスも含まれてきてしまいます。
明確な料金システムを作り、お客様に必要なサービスだけを提供することで料金は安くすることができます。

例えばお客様の所へは原則毎月訪問する、という事務所が多いですが、

  • 会社の規模がある程度大きい
  • 常に相談したいことがたくさんある
  • 会社の財務状況・業績などの説明・アドバイスを毎月してほしい

など、毎月訪問した方がいいケースももちろんありますが、毎月訪問してもらっても雑談だけして終わり、というのはよくある話です。
まったく雑談をしないというのもコミュニケーション不足の原因となってしまいますが、雑談だけのために毎月きてもらって高い顧問料を払うというのはもったいない話です。
2か月に1回や3か月に1回の訪問でも十分対応可能なケースもありますので、そのような場合には訪問回数を減らすことにより、料金を低くすることができます。

これは一つの例ですが、このように明確な料金システムにより無駄・過剰なサービスを排除する以外にも、当事務所は地域密着型の事務所なので移動時間が極端に短くてすむことや、徹底したIT化による業務効率化など、常に、質を落とさず低価格でサービスを提供することに努めています。

≫料金とサービス内容のご案内