掛け捨ての保険に加入する 【税理士 名古屋】

個人で生命保険を支払った場合、生命保険料控除を受けることができますが、これは支払った保険料のうち一部しか控除の対象となりません。

一方、法人で掛け捨ての保険に加入した場合には支払った保険料全額が経費となります。

ただし、保険の種類、期間、受取人などによって取り扱いはいろいろと異なってきますので注意が必要ですが、上手く利用すれば有効かと思います。