小規模企業共済に加入する 【税理士 名古屋】

小規模企業共済とは、個人事業者や中小企業の役員のための退職金制度であり、毎月掛け金を支払い、廃業や退職したときに共済金を受け取れるというものです。

掛け金については確定申告の際全額所得控除をすることができます。さらに廃業・退職時に受け取る共済金については税金の負担が小さい「退職所得」扱いになりますので、かなりの節税効果が期待できます。

ただし、中途解約した場合には、元金割れする場合もありますし、共済金も「一時所得」扱いとなり、「退職所得」に比べると税金の負担も大きくなりますので、注意が必要です。