税理士の特徴

1.税理士資格について

税理士資格を取得するにはいくつかの方法があります。
税理士試験という国家試験に合格する以外にも、法律・会計の大学院卒業による試験免除や税務署に長年勤務した場合の試験免除などがあります。
そして、税理士がかなり特殊なのは試験合格者は少数派で、大学院卒や税務署OBなどの試験免除者が半数以上を占めていることです。


2.平均年齢がかなり高い

税理士の平均年齢は60歳くらいとかなり高いです。そのため、パソコンやメールがうまく使えないなど、IT化がかなり遅れている業界だと思います。


3.事務所の規模による特徴

税理士事務所には大小さまざまな事務所があります。
一般的な特徴としましては、

大きい事務所の場合
長所  スタッフが多いため複雑な事案や人手を要する業務にも対応できる。
安心感がある。
短所 普段は所長の税理士ではなく資格のない担当者が対応することになり
担当者がコロコロ変わったり担当者に知識がない場合がある。
融通が利かないことが多い。

小さい事務所の場合
長所 税理士本人が対応するのでお客様を大事にする。
フットワークが軽く融通も利きやすい。 
短所  複雑な事案や人手を要する業務に対応できない場合がある。
税理士の力量でサービスの質が決まるため当たりはずれが大きい。
 
あくまでも一般論ですので、例外はたくさんあるかと思います。

基本的に、小さい会社は小さい事務所へ、大きい会社は大きい事務所へ、というように自分の会社と同じような規模の事務所に頼むと上手くいく可能性が高いと思います。