田中文夫税理士事務所
[1]トップページ
[2]事務所紹介
[3]所長プロフィール
[4]料金表【法人】
[5]料金表【個人】
[6]料金表【相続税】
[7]決算駆け込みパック
[8]新規開業・新設法人割引
[9]低価格の理由
[10]お問合せ
[11]会社を作るメリット
[12]会社設立の注意点
[13]税理士の選び方
[14]節税対策(個人)
[15]節税対策(法人)
[16]節税対策(法人・個人共通)

メニュー:法人の節税対策
[#]次へ
法人の節税対策 【税理士 名古屋】

法人の節税対策は、個人事業に比べてはるかに多くの方法が存在しますので、それらのうちの一部だけをご紹介させていただきます。

まずは利益を予測する 【税理士 名古屋】

節税対策で最も重要なのは利益を予測することです。
税金は出るのか出ないのか、出るのであればいくらくらい出るのか、をある程度予測したうえで対策をたてることが肝心です。
また、社長の給料を決めるうえでも利益の予測は重要となります。

社長の給料に関することは、社長の給料の決め方・注意点を参照してください。

自宅家賃を経費に 【税理士 名古屋】

個人事業の場合は、自宅を事務所にしているなど、事業に使っていなければ自宅の家賃は経費になりません。
しかし、法人の場合は全く事業に使っていなくても、自宅を社宅扱いにすることで自宅の家賃の大部分を経費にすることが可能となります。

仕組みを簡単に説明しますと
@法人が自宅の借主となり、大家さんに家賃を支払う。
A法人がこれを社長個人に貸して、社長個人から家賃を徴収する。→いくら社長から徴収しなければいけないかについては一定の計算式があります。通常はかなり少ない金額になります。

法人は、(大家さんに支払う家賃)-(社長から徴収する家賃)が実質経費となります。

[#]次へ
▼お問合せはこちら
052-784-8560

▲上へ
税理士 名古屋/田中文夫税理士事務所トップページ