田中文夫税理士事務所
[1]トップページ
[2]事務所紹介
[3]所長プロフィール
[4]料金表【法人】
[5]料金表【個人】
[6]料金表【相続税】
[7]決算駆け込みパック
[8]新規開業・新設法人割引
[9]低価格の理由
[10]お問合せ
[11]会社を作るメリット
[12]会社設立の注意点
[13]税理士の選び方
[14]節税対策(個人)
[15]節税対策(法人)
[16]節税対策(法人・個人共通)

メニュー:税理士の選び方
[#]次へ
税理士の選び方

税理士の特徴

税理士報酬について

税理士の探し方

税理士を選ぶときのポイント



税理士の特徴

1.税理士資格について

税理士資格を取得するにはいくつかの方法があります。
税理士試験という国家試験に合格する以外にも、法律・会計の大学院卒業による試験免除や税務署に長年勤務した場合の試験免除などがあります。
そして、税理士がかなり特殊なのは試験合格者は少数派で、大学院卒や税務署OBなどの試験免除者が半数以上を占めていることです。


2.平均年齢がかなり高い

税理士の平均年齢は60歳くらいとかなり高いです。そのため、パソコンやメールがうまく使えないなど、IT化がかなり遅れている業界だと思います。


3.事務所の規模による特徴

税理士事務所には大小さまざまな事務所があります。
一般的な特徴としましては、

大きい事務所の場合
長所  スタッフが多いため複雑な事案や人手を要する業務にも対応できる。
安心感がある。
短所 普段は所長の税理士ではなく資格のない担当者が対応することになり
担当者がコロコロ変わったり担当者に知識がない場合がある。
融通が利かないことが多い。

小さい事務所の場合
長所 税理士本人が対応するのでお客様を大事にする。
フットワークが軽く融通も利きやすい。 
短所  複雑な事案や人手を要する業務に対応できない場合がある。
税理士の力量でサービスの質が決まるため当たりはずれが大きい。
 
あくまでも一般論ですので、例外はたくさんあるかと思います。

基本的に、小さい会社は小さい事務所へ、大きい会社は大きい事務所へ、というように自分の会社と同じような規模の事務所に頼むと上手くいく可能性が高いと思います。
 

税理士報酬について

1.税理士報酬のしくみ

よくある不満の声に「税理士報酬は分かりにくい」、「いったい全部でいくらかかるのよく分からない」ということがあります。

税理士報酬には主に次のようなものがあります。
@顧問料
A決算料
B年末調整・法定調書作成・償却資産税申告などその他業務に対するもの

@は月々の帳簿の入力・チェック、試算表の作成、税務相談などに対するもので毎月支払います。
Aは決算書・申告書の作成に対するもので、年1回決算の時に支払います。
Bは年末調整の処理など、@A以外の業務をやってもらった際に支払うものです。

基本的には税理士に払う金額は@+A+Bとなりますが、Bに対する報酬が@に含まれている場合もありますし(その場合には@+Aとなります)、中にはAの決算料まで@に含まれている事務所もあります。その場合には@のみ支払えばいいということになります。

ですから、単純に月々の顧問料だけで料金の比較はできません。顧問料が月2万円でも決算料などを含めると年間50万円以上になるケースもありますし、顧問料が月4万円でもそれが全て込みの金額であれば年間50万円以下ですむことになります。


2.税理士報酬の相場について

あくまでも個人的な意見ですが、税理士報酬の相場は、個人事業者の場合で月2万円以上+決算料10万円以上、法人の場合で月3万円以上+決算料15万円以上くらいかと思います。つまり年額にすると個人事業者で35万円以上、法人で50万円以上となります。
 

[#]次へ
▼お問合せはこちら
052-784-8560

▲上へ
税理士 名古屋/田中文夫税理士事務所トップページ